ChromeブラウザにProxy Helperを設定する

プロキシ・ヘルパー 安全なブラウジングのための総合ガイド

ユーザーが様々な活動をインターネットに依存するようになるにつれ、安全で匿名なブラウジングを保証するツールの必要性が高まっている。そのようなツールの一つとして人気を博しているのがProxy Helperです。これは強力でユーザーフレンドリーな拡張機能で、複数のプロキシを素早く簡単に管理・切り替えできるように設計されています。オンラインプライバシーを保護したり、地域制限を回避したり、ウェブスクレイピング活動を管理したい個人や企業にとって理想的なソリューションです。

この記事では、Google Chromeに搭載されているProxy Helperとは何か、なぜ私たちがProxy Helperを使うのか、Proxy Helperがどのようにオンラインプライバシーを向上させるのか、そしてProxy Helperの効果的な使い方について詳しくご紹介します。

Google ChromeのProxy Helperとは?

Proxy Helperは、ユーザーが簡単に異なるプロキシ設定を管理し、切り替えることができる無料のブラウザ拡張機能です。GitHubの人気プロジェクトChrome-proxy-helperのクローンであり、簡単にアクセスできるように設計されている。HTTP、HTTPS、SOCKS4、SOCKS5など様々なプロキシをサポートしており、様々なプロキシのニーズに対応する多機能なツールとなっている。これを使用することで、ユーザーはIPアドレスを変更することができ、それによって実際の場所を隠して匿名ブラウジングを保証することができます。

Proxy Helperを使用すると、ユーザーはシステム全体のプロキシ設定をバイパスし、直接接続を確立することができます。これは、ウェブプロキシ設定でブロックまたは制限されている特定のウェブサイトやリソースにアクセスする必要がある場合に特に便利です。Chrome ブラウザ自体にプロキシを設定することで、ユーザーはシステム設定を変更することなく、インターネットに無制限にアクセスできます。

どのように Dプロキシヘルパー Eニュアンス Oオンライン Pプライバシー?

この拡張機能は、ユーザーがプロキシサーバーを経由してインターネットトラフィックをルーティングし、IPアドレスをマスクし、潜在的なプライバシー侵害を防ぐためにデータを暗号化できるようにすることで、オンラインプライバシーを強化する。 

キー プロキシ・ヘルパーの特徴

これは、シームレスなプロキシ管理体験を提供するように設計されたいくつかの機能が満載されています。これらには以下が含まれる:

  1. 複数のプロキシプロファイル:この拡張機能により、ユーザーは複数のプロキシプロファイルを作成・管理することができます。各プロファイルは異なる設定を持つことができ、ユーザーは特定のニーズに基づいてプロキシを素早く切り替えることができます。
  2. プロキシルール:ユーザーは、訪問しているウェブサイトやドメインに基づいてプロキシを自動的に切り替えるルールを設定することができます。この機能は、異なるウェブサイトが異なるプロキシを必要とする可能性があるウェブスクレイピング活動に特に便利です。
  3. クイック切り替え:Proxy Helperを使えば、異なるプロキシ設定をワンクリックで切り替えることができます。このクイック切り替え機能は時間を節約し、複数のプロキシを管理するユーザーにとって効率的なツールです。
  4. ユーザーフレンドリーなインターフェース:このエクステンションはクリーンで直感的なインターフェースを提供し、技術に詳しくない人でもプロキシの管理を簡単にします。
  5. カスタマイズ可能な設定:このエクステンションは、プロキシ体験をユーザーの特定のニーズに合わせて調整するための様々な設定をユーザーに提供します。プロキシサーバーアドレスの指定から特定のウェブサイトに対する例外の設定まで、柔軟性と制御を提供します。

なぜ、このような使い方をするのか? プロキシヘルパー?

Chromeとのシームレスな統合はその魅力をさらに高め、Googleウェブストアで高い評価を得ているユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供する。ユーザーレビューから進化し続け、クラス最高のエクスペリエンスを保証するために、デザインとコードを洗練し、強化する開発者の努力を導いています。また、Proxy Helperは完全に無料であり、ブラウザ拡張機能の世界におけるアクセシビリティとイノベーションを体現しています。

これにはいくつかの利点がある:

  1. プライバシーの強化:IPアドレスをマスクすることで、この拡張機能はあなたのオンライン活動が匿名であることを保証します。この機能はオンラインでプライバシーを保護するために非常に重要です。
  2. 地域制限を回避:この拡張機能を使用すると、別の場所にあるプロキシを経由してインターネットトラフィックをルーティングすることにより、お住まいの地域でブロックされている可能性のあるコンテンツにアクセスできるようになります。
  3. ウェブスクレイピング:ウェブスクレイピングに携わる企業や個人にとって、この拡張機能は非常に貴重なツールです。複数のプロキシを管理できるため、効率的なデータ収集が可能になり、ウェブサイトによってブロックされるリスクも軽減されます。
  4. 使いやすさ:ユーザーフレンドリーなインターフェースで、プロキシ管理を簡単にします。技術的な知識に乏しい人でも、このツールを効果的に使用することができます。
  5. 互換性この拡張機能は、Google Chromeのすべてのバージョンと互換性があり、Windows、Mac、Linuxオペレーティングシステムで動作します。

推奨される代理サプライヤー オッケープロキシー - 200以上の国から150M以上の居住プロキシを持つトップ5のSocks5プロキシプロバイダ。 

レジデンシャル・プロキシーの1GB無料トライアルを今すぐご利用ください。!

ChromeでProxy Helperを使うには?

Proxy Helperの使い方は簡単です。拡張機能をインストールした後、プロキシIPアドレス、ポート、ユーザー名、パスワード(必要な場合)を入力することで、様々なプロキシプロファイルを作成することができます。その後、クリックするだけでこれらのプロファイルを切り替えたり、訪問するウェブサイトに基づいてプロセスを自動化するルールを設定することができます。

では、Chrome拡張機能の使い方をご紹介しよう。 オッケーPロキシー.

ステップ1: Chromeウェブストアからプロキシヘルパー拡張機能をダウンロードしてインストールします。

クローム拡張機能のプロキシヘルパー

ステップ 2: Proxy Helper Chrome 拡張機能のオプションを選択する。Proxy Helper拡張機能のアイコンを右クリックし、「オプション」をクリックします。

Proxy Helper拡張機能のアイコンをクリックし、「オプション」をクリックします。

プロキシヘルパーのオプションでプロキシ設定情報を取得する

ステップ3:OkeyProxy.comからローテーション居住プロキシを取得する

1. プロキシIPタイプを選択します: 回転居住用プロキシ静的な住宅用プロキシ、またはデータセンター用プロキシ。

Okeyプロキシでプロキシ情報を生成する

2. IPの場所と数を取得する。

Okeyプロキシでプロキシ情報を生成するために場所とセッションタイプを選択する

3. Generate "をクリックしてIP情報を生成する。

Generate "をクリックしてIP情報を生成する。

4. プロキシ情報の取得とコピーサーバーIP: ポート:ユーザー名:パスワード

プロキシ情報の取得とコピーサーバーIP: ポート:Okey Proxyのユーザー名: パスワード

5.Socks5/HTTP/HTTPS Proxy(Okey Proxy Supports All Proxy Protocol)を選択します。

6.サーバプロキシIPとポートを貼り付ける。

サーバのプロキシIPとポートを貼り付ける。

7.認証」をクリックし、ユーザー名とパスワードを貼り付ける。

認証」をクリックし、ユーザー名とパスワードを貼り付ける。

ステップ4:以下の方法でIPアドレス情報を確認する。 ipinfo.io.

ipinfo.ioでipをチェックする

最後に、プロキシを自由に使うことができる!

推奨される代理サプライヤー オッケープロキシー - 200以上の国から150M以上の居住プロキシを持つトップ5のSocks5プロキシプロバイダ。 レジデンシャル・プロキシーの1GB無料トライアルを今すぐご利用ください。!

結論

結論として, Proxy Helperは、プロキシ管理にシンプルなソリューションを提供する、堅牢で多機能なツールです。オンラインプライバシーの保護、地域制限の回避、ウェブスクレイピング活動の管理など、Proxy Helperは検討する価値のあるツールです。その豊富な機能と利点により、複数のプロキシを管理し、切り替えるための簡単で効果的な方法を提供し、安全でシームレスなブラウジング体験を保証します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です